年会費の相場はいくらぐらいなの?

ゴールドカードの年会費相場について書きました。
MENU

ゴールドカードの年会費の相場

クレジットカードには、いわゆる普通のクレジットカード以外に、ゴールドカード、プラチナカード、ブラックカードなどがあります。通常、ゴールドカードまでは普通に申し込めることがほとんどですが、プラチナカードやブラックカードとなると、利用状況などに応じてカード発行会社からインビテーションが送られてくることになります。つまり、選ばれたあなただけが作れるカードということです。

 

上位のクレジットカードほどステータスが高く、サービス内容も充実しているのですが、当然のように年会費も高くなります。それでは、ゴールドカードの場合で、年会費の相場とはどのくらいのものなのでしょうか。

 

 

ゴールドカードの年会費はピンキリです。年会費2,000円程度のものもあれば、30,000円以上のものもありますが、ゴールドカード全体で見た年会費相場は10,000円前後となります。

 

普通のクレジットカードとの違いは、見た目がよくなること、普通はその名の通りのゴールド色のカードとなります。また、ポイント付与率が高くなっていたりマイルが貯めやすくなっていたりと、サービス内容が強化されています。カード発行会社にもよりますが、大手有名どころの場合には高くなりますし、中小の発行会社の場合には、若干安めというのが年会費の相場となります。

 

ただし、それぞれの年会費でメリットが変わってくるのでご自身のライフスタイルに合ったカード選びが重要です。それぞれの価格帯のカードを参考に説明します。

 

MUFGカード

・初年度年会費無料、次年度以降年会費2,000円
・初年度だけのポイントで最大10,000円ほどのギフトカードをもらえる
(ただし、一定料金以上の買い物をしないとポイントが付かないので注意が必要です)

 

楽天プレミアムカード

・初年度から年会費10,800円
・新規申し込みで11,000円分のポイントがもらえるので実質の初年度年会費は無料
・楽天のカードなので様々な場所でポイントが貯めることができる

 

アメックス・ゴールドカード

・初年度年会費無料、次年度以降年会費30,000円
・各旅プランを立てることでポイントを貰える
・家族カードで2枚目が無料

 

年会費に違いがあったとしても、サービス内容にそれほどの違いがないケースも多く、多くの場合にはそのメリットが生かされていないことがほとんどです。つまり、10,000円前後という年会費が相場のものは、利用する人の多くは、サービス面よりもステータスがほしいというのが本音であると思われます。ゴールドカードを使っていれば信用力のある程度の証明にもなりますし、普通にお金持ちだと思われますし、店員さんの態度も違ったりしてきます。そういう意味では、実利はないとしても満足度は高いものといえるのでしょう。

 

ただし、本当の富裕層向けということになると、年会費が30,000円以上のサービス内容が充実しているゴールドカードのほうが、コストパフォーマンス的にも優れているということになります。年会費の相場が高くなるほど、この傾向は高くなりますので、高品質なサービスを期待するのであればこのクラスのものということになります。

関連ページ

付帯保険は何を補償してくれるの?
ゴールドカードの付帯保険の補償内容について書きました。
年会費無料で作れるゴールドカードはないの?
高額な年会費がかかるイメージのあるゴールドカードの中でも年会費無料で作れるカードについて書きました。
このページの先頭へ